38歳カコの歯科矯正blog

38歳にして念願の歯列矯正をスタート!重度の過蓋咬合を表側矯正で治療予定です。矯正にまつわるあれこれを綴るブログです。

矯正中〜ひじきぐらいのすきっ歯になった

f:id:mynameiskako:20181023163035j:plain

こんにちは

 

10月後半は毎日更新という目標はあっさり破られました。

とさ。

 

最近のわたしの歯は新たな変化はなく

もちろん痛みもなく

就寝中につけるヘアバンドはちょっとサボりがちです。

↓↓↓

この口からびょーんとでてる金属のやつです。

これが両側ゴムで引っ張られてヘアバンドのようになってます。

f:id:mynameiskako:20180829174803j:plain

装着するとインカムごっこや近未来人ごっこができます。

だから甥や姪がお泊まりにくるときには絶対つけない。

変なあだ名つけてきそうだから。

我が家の愛犬も初見はフリーズしてたくらいの摩訶不思議ビジュアル。

 

枕カバーに引っかかるのがすごいストレスで…

わたしも矯正インプラントとかやりたい。

いまのところ先生からインプラントの打診はないけれど。 

 

さて矯正装置をつけてから約4ヶ月ですが

左上第一小臼歯を抜歯したので

その空いたスペースに向かって歯が動いています。

そのため前歯の並びあたりにだいぶ余裕がでてきてます。

引っ込んで1番に隠れ気味だった両側2番が

1番と肩を並べるようになり

その全景を生まれて初めて見ることに。

 

1番2番、並んで見ると結構サイズ差。

1番のデカさに対して2番の細さよ!

 

気になる。

 

矯正終わったら1番3番の被せ物を作る予定なので

それである程度はカバーできるだろうか・・・。

まさか

「バランス悪いから2番も被せものにしましょうか」

なんてことになったら…

 

それこそ

矯正した意味はよ。

な状態じゃ。

 

「噛み合わせは諦めて前歯6本セラミック矯正しとけば

3年もかかんなかったね。」

なんてなったら立ち直れな・い・・。

どうかそれだけは!(涙目)

 

と時々局地的発生する矯正ネガティブ・・・

いろんな方の矯正ブログを読んでは

モチベーションを取り戻してます。

 

2番の細さに加え、今もっぱら存在感を誇っているのが

1番2番の隙間

もうすきっ歯を超えてるひじきくらいのすきま。

食事は絶対何か詰まるんだけど

もう隙間が大きいから舌で取れるのでラク

歯間ブラシなんていらない。

うがいとかすると水通ってる感触がわかってちょっと気持ちいいし。

すきま、すくすく育ってます。 

 

けど埋めなきゃいけない抜歯部分のスペースはまだまだたっぷり。

今のところ2番の歯サイズくらいのスペースはあるんだけど

これが閉じるほど動くのって一体いつなんだろうか。

てか抜歯スペースが埋まったときには

ちゃんと前歯の隙間も閉じるの?

前歯の骨格が退化して(表現あってるかわかんないけど)

後退するってことでいいのかしら。

じゃなきゃスペースに対して歯が足りないよ〜

 

もともとすすめられた外科手術ありの矯正を断念しての

表側矯正(のみ)なのでその辺が

どのくらいの結果が出るのかちょっと不安。 

 

 

左のひじき

↓↓↓

f:id:mynameiskako:20181023161113j:plain

 

 

右のひじき

↓↓↓

f:id:mynameiskako:20181023161132j:plain

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

 

にほんブログ村 美容ブログへ にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

 


歯列矯正ランキング